マンション等の不動産売却に伴う様々な方法

マンション等の不動産売却に伴う様々な方法

一生に一度の買い物と言われる不動産ですが、昨今では必ずしも一度のみというわけではないようです。現在では、不動産売却件数、面積ともに法人よりも個人が上回っています。以前と比べて不動産を売却するということは、珍しいことではなくなっています。

不動産を売却する主な理由について

不動産を売却する理由は様々あると考えられます。例えば住み替え、相続税、ローン返済が難しくなってきた、子供の成長に伴い今の住居では手狭になった、転勤に伴う売却、家族構成の変動等が挙げられます。最近では、不況の煽りを受け、ローンの返済が困難になり、その分生活費に充てたいと考える方も増えています。一大決心をして購入した不動産を手放すということは、もったいないという考えもあるかもしれませんが、ローンの借入残高が残ったまま、不動産を売却するということは一つの有効な手段でもあるということをお伝えしたいです。

仲介してもらう不動産会社を選ぶポイント

マンション等の不動産売却に伴う仲介契約は3種類あります。不動産会社一社に対して専属で契約をする、不動産一社に対して契約するが個人でも買い手を探す、複数の不動産会社と契約するの三つです。一つ目の不動産会社一社に対して専属で契約する場合、不動産会社は期限内で買い手を探す必要があるので、買い手が見つかりやすいという利点があります。二つ目の契約方法は、個人で買い手を見つけられる上に、更に条件の良い買い手を見つけたい場合に有効です。三つ目の契約方法は一つ目よりも買い手が早く見つかりやすそうですが、不動産会社にとっては専属より安定性が低いので、見つけるのに時間がかかる可能性があります。マンション等の不動産売却に伴う仲介契約を結ぶ際には以上の点を踏まえ、価格重視か、早さを求めるか決めて頂きたいと考えます。

仲介契約を結ぶ上で気を付けたい点

マンション売却をする上で、重要なポイントにマンションの査定方法を知るというものがあります。マンション売却で例えば複数の不動産会社と契約する場合、マンションの査定額にも差が生じてきます。その中でも気を付けたいのは、査定額が妙に高い会社です。高いなりに根拠があれば良いのですが、根拠がない場合、仲介の契約がほしいから高く釣り上げている可能性があるからです。査定額の根拠として有効なのは、実績と顧客の数が多いということです。この点を念頭に入れて、不動産会社と仲介の契約を結ぶことがとても重要な点となります。

まとめ

以上マンション売却に伴い留意して頂きたい点について述べてきました。売り手の不安の一つとして買い手が見つからないというのが、最も不安に感じる一つであるかもしれません。そのような場合、不動産会社に売却するという選択があることを覚えておいてほしいと考えます。

比較ページへのリンク画像