不動産売却の住民税について特例があります

不動産売却の住民税について特例があります

不動産売却における住民税が気になっている人も多いはずです。その中には、今すぐに知りたいと願っている人もいるかもしれません。そんな人に向けて、不動産売却での住民税について詳しく調べたので、たくさん紹介します。

税金に関してたくさんの特例があります

不動産を購入した金額よりも高い金額で売却できた場合、税金が発生するケースがあります。購入した金額よりも高く売れる不動産はほとんどありませんが、税制の仕組みにおいて売却益が出た場合は課税されることになります。そのため、充分に備えておくことが大切になります。個人の居住用財産はなるべく税金が発生しないように、たくさんの特例が設けられています。税金に関してしっかりと調べることによって、特例を利用できることもあります。そして、慎重に行動することとわからないことはすぐに質問する癖をつけておくことが、必要になります。

所有期間が長ければ税率が低くなります

記事のイメージ画像

税率は不動産の所有期間が短い場合は、長期のほぼ2倍と高率となります。売却年の元日現在で所有期間が5年以下の短期譲渡所得の場合は売却金額から取得費と譲渡費用を引くことで算出でき、課税対象金額に9パーセントを乗じることで計算できます。売却年の元日現在で所有期間が5年を超え長期譲渡所得の場合は売却金額から取得費と譲渡費用を引いて、その金額に5パーセントを乗じると算出できます。また、特例適用で3000万円の控除があります。簡単に計算できるので、どれぐらいの税金になるのかを算出してみることをおすすめします。

計算によって税金額が分かります

譲渡所得税の計算に利用され、よく所得税とセットにして計算される税目になります。売却による所得税の確定申告を行うことで手続きできます。売却にかかる税金は5年以下の短期譲渡所得と5年を超える長期譲渡所得の2種類があります。5年以下の短期譲渡所得の税率が9パーセントで道府県民税が3.6パーセントになります。そして、市町村民税が5.4パーセントになります。5年を超える長期譲渡所得の税率は5パーセントで道府県民税が2パーセントになります。そして、市町村民税が3パーセントになります。そのため、所有期間によって税率が変わります

まとめ

いかがだったでしょうか。特例を利用することで、回避できるケースがあることが伝わったはずです。売却した後に困らないように、不動産売却の住民税について下調べに時間をかけることが大切になります。後悔しないように慎重に行動することが理想的でしょう。

比較ページへのリンク画像