不動産売却での所得税控除の対象になるケースもあります

不動産売却での所得税控除の対象になるケースもあります

不動産売却を行ったので所得税が気になっている状態の人がいるのかもしれません。そして、どれぐらいの金額を払うのか不安な人もいるのかもしれません。そこで、不動産売却における所得税について調べたので、紹介します。

住居用の不動産には特別控除があります

不動産を売却することで売却益が発生したら、課税対象になります。その利益に対して、譲渡所得として国税と地方税が課せられます。譲渡所得に対する税金は、事業所得や給与所得と分離して計算します。そのため、分離課税と呼ばれ、譲渡所得は売却不動産の取得費に売却費用を加算した額を、譲渡価格から差し引いた額になります。取得費には、所有期間中の減価償却がなされている必要があります。そして、譲渡する不動産が居住用であれば、特別控除の対象になります。不動産用途によって税金が変わってくるので、きちんと調べることが大切になります。

所有期間の分岐点は5年になります

住居用の不動産を売却した場合、譲渡所得から3000万円の特別控除があります。譲渡所得から特別控除額である3000万円を差し引いた金額が、課税対象となります。また、税率は売却時の不動産の所有期間が大きく関係します。所有期間が長いほど、税率は低く設定されます。そして、所有期間の分岐点が5年になるので、5年過ぎてから売却するほうがお得なることもありますに。売却する前に計算して、ある程度の目安を算出することをおすすめします。売却益に対して課税されることになるので、まずはどれぐらいの値段で売却できるかを知ることが先決になります。

ポイントを理解して計画的に行動しましょう

譲渡するタイミングによっても税額が変化します。そのため、売却する前から税金について把握しておく必要があります。税金にまつわる知識がなかったために、後で大きな損をしてしまうケースもあります。税務上の規則によって細かく取り決められている上に、毎年微妙に税率が変わります。把握することが困難で、とても分かりにくい内容になります。条件によっては有利な特例や軽減措置も用意されています。それぞれの事例については、税務署や税理士に相談することが望ましくなります。そのため、ポイントを理解することを重視するべきです。

まとめ

いかがだったでしょうか。不動産売却における所得税の仕組みについて明確になったでしょう。実際にさまざまなケースがあることが明らかになっています。後悔することがないように、準備に時間をかけることが大切になります。取り返しが付かなくなってから気づくことは、避けたいですよね。

比較ページへのリンク画像