不動産売却に伴う固定資産税の支払い

不動産売却に伴う固定資産税の支払い

不動産売却の上で確認しておきたい項目があります。まず真っ先に挙げたいのが現況と登記に違いはないかということです。例えば、増築すると登記は変わってきます。現況と登記が違っていると後々トラブルが発生しますので確認が必要な項目です。

不動産を売却する主な理由に関して

不動産売却を行う方々は、どのような理由をお持ちかというと、一番の理由は住み替えによるものです。この住み替えの理由も様々あります。転勤により売却したい、家族構成が変わり、今現在の住居では手狭になった、もしくは使わない部屋が増えた等です。そして住み替えの他にも、離婚、相続、ローンの支払い等の関係で不動産売却を検討される方もいらっしゃいます。様々な理由が推察されますが、理由は売り手の方に本当のことをおっしゃってください。嘘は禁物です。後のトラブルを避けるためにも、事実を伝えた方がお互いのためになります。

固定資産税のあらましと不動産との関係

不動産を所有する場合、固定資産税という税金がかかってきます。固定資産税とは市町村民税です。固定資産税は毎年1月1日に撮られる航空写真をもとに把握しています。もし未登記の建造物が航空写真に映り、課税対象とされれば固定資産税は発生します。固定資産税は、固定資産税台帳に記録、保存されます。この台帳は毎年1月1日時点での更新となりますので、年度途中で変更はされません。仮に年度途中で不動産売却をしたとしても、その年の固定資産税は元の売り手が支払う義務となっています。この点を念頭に入れておいて頂きたいです。

不動産売却に関する良い面と悪い面

不動産を売却する上で得られるメリットの一つに税負担の軽減化を挙げることができます。使わない不動産を所有しているだけでも固定資産税等の税金を支払わなければなりません。しかし不動産売却することで、税負担の軽減化を図ることができます。逆にデメリットもあります。それはすぐには売れないかもしれないということです。買い手が見つからなければ、残念ながら売却はできません。自分の思うようなタイミングでは売れないこともあるということを、頭の片隅に置いておいてください。また、不動産の価格は変動しやすく、タイミングによって額が変わってきます。ですので売却時期を見極めることもとても大切になってきます。

まとめ

最後にどのタイミングで売るべきかのポイントについて触れます。ケースごとにも違いますが、もう不動産を管理する人がいない場合はできるだけ早く手放した方が良いと考えます。また相続した場合、相続人が今後増える可能性があるのでやはり早めの方が良いです。以上の点を踏まえて不動産売却の参考にして頂けたら幸いです。

比較ページへのリンク画像