不動産売却の時の土地の相場を知る方法

不動産売却の時の土地の相場を知る方法

不動産売却をするときは、土地の相場を知る必要があります。まずは参考値を知っておき、実際に売却額を決めるときにはより細かい値を求めます。最も確実なのは、不動産会社の査定でしょう。実取引の情報などを加味して出してくれます。

不動産情報サイトで近くの金額を調べる

記事のイメージ画像

お店などで売られている商品の中には、全く同じものがあります。工場などで作られているものは、基本的には同じものなので、価格もそれぞれ同じになります。では、住宅や土地の場合はどうかです。同じ場所は全国にはそこにしかありません。建物も、全く同じものを探すのは非常に難しいです。不動産売却時において相場を知る方法としては、不動産情報サイトで調べる方法があります。各業者が提供しているサイトに住所などを入力すると、その周辺で売買されている情報が出てきます。ただしぴったりの情報はもちろんありません。ただ、参考値として簡単に調べられるのが利点です。それを目安に決めると良いかもしれません。

国などが出している公的な金額を調べる

国が土地の取引をするのに使う情報として公示価格があります。国土交通省が毎年調べて公表をしています。1月1日時点の価格を3月ぐらいに公表しています。あくまでも国が行う取引用として出されますが、各地の情報がわかるので、どこが高い、低いなどを知ることができます。不動産売却において相場を知る情報として、国などが出す情報の利用があります。国の他、都道府県が出している基準地価格であったり、国税局が出す路線価などもあります。これらの情報は、一定のシステムで検索ができるので、住所地の情報、近隣の情報などを見て参考にできます。ただ、1年に1度なので、多少のずれはあります。

業者に査定をしてもらって金額を知る

不動産売却をするとき、多くは個人での売買になるでしょう。互いに売買に慣れていない人が、不動産業者の仲介を受けて行います。慣れていれば相場のことも分かっているでしょうが、多くの人はわかっていません。いくらで売ればいいのか、いくらで買うのが適当なのかがわからないかもしれません。相場を知るには、不動産業者に査定をしてもらうのが良いでしょう。業者の場合、プロとしていろいろな手段で数字を割り出してくれます。公的な価格と実際の取引価格の情報があります。公的価格は信頼性は高いですが、必ずその価格になるわけではありません。角地や前面道路などからより適正な数字を出してもらえます。

まとめ

不動産売却の時、土地の相場をどうやって知るかです。参考値程度なら、ネットに住所を入力すれば知ることができます。その他、国が発表している価格もかなり近い数字です。より細かい数字は、業者の査定が必要になります。

比較ページへのリンク画像