不動産売却にかかる諸費用について

不動産売却にかかる諸費用について

不動産を購入したのはいいものの、ローンなどの支払いに追われて大変な人も多いのではないでしょうか。そのいう時は、思い切って売却してみるのもいいかもしれません。売却のタイミングによっては高い価格で売れる可能性がありますが、不動産売却では諸費用についても注意する必要があります。

不動産会社に支払い仲介手数料について

不動産売却では様々な諸費用がかかりますが、その1つが仲介手数料です。不動産の売却を不動産会社などの専門会社に依頼する場合、規定の手数料を支払う必要があります。それぞれの不動産会社によって手数料が異なりますので、事前に確認しておくといいでしょう。なお、仲介手数料というのはもともとは成功報酬の意味合いがありますので、実際に売買契約が成立しなかった場合は支払う必要はありません。また、業者によっては、仲介手数料を半額にするなどのキャンペーンを行っているところもあるようです。不動産売却の諸費用を少しでも減額したい方は、このようなキャンペーンを活用してみるのもいいでしょう。また、仲介手数料は交渉次第で値下げも可能ですので、試してみる価値があります。

抵当権抹消などの登記費用も必要です

不動産売却にかかる諸費用としては、登記費用も忘れてはいけません。不動産の売却では抵当権などが重要になってきます。不動産に抵当権が付されている場合、抵当権抹消登記などを行う必要がありますので、その分の費用も用意しておく必要があります。抵当権が付いたままの不動産物件では購入いる人はいませんので、売却する際は借入金の全額返済をして、抵当権を抹消してください。この抹消登記は自分でもできますが、法律の専門的知識も求められます。そのため自信がない方は、司法書士などの法律の専門家に依頼するといいでしょう。ちなみに抵当権抹消登記費用は、登録免許税として不動産1個について1000円が必要です。事前に確認しておくといいでしょう。

不動産を売却する際は税金の申告も必要です

不動産売却では様々な諸費用がかかりますが、税金も納める必要があります。不動産を売却した際に発生する税金が「譲渡益課税」であり、実際に得た利益額によって、住民税や所得税を納めることになります。これら税金は計算の方法がありますので、それに当てはめて計算すれば誰でもできます。しかし、不動産売却が初めての方の中には、税金の申告に不安な方もいると思います。その場合、税金のスペシャリストである税理士に相談してみるのも1つの方法です。税理士なら無料相談もできますので、申告の方法をアドバイスしてくれるはずです。また、税務署でも相談に応じてくれますので、問い合わせてみるのもいいでしょう。

まとめ

ローンなどで不動産を購入した人の中には、その支払いに苦労している人も少なくありません。そういう時は、思い切って売却してみるのも1つの方法です。この場合、不動産売却に伴う諸費用がかかりますので、事前に確認しておきましょう。

比較ページへのリンク画像