不動産売却の必要書類を把握するには

不動産売却の必要書類を把握するには

不動産売却を検討しているのなら司法書士に相談司法書士は、不動産の登記手続きを行なえるので、信頼できます。不動産会社とは別に、本当に必要な書類と手順を教えてもらえます。対応の良い司法書士に、手続きを一任することもできます。

必要書類を揃えるには責任と立場を明確にしておく

責任を持って指導できる不動産売却は、所有者と、購入希望者との間で行なわれるのですが、基本的に不動産会社が仲介します。不動産会社は、必要書類をそろえるように指導してくれますが、うっかりミスがないとは言い切れません。あくまでも仲介である点を理解しておきましょう。ミスがない手続き上の不備は、ミスとなります。ミスの責任は、不動産の所有者になります。ですが、司法書士に依頼した場合は、不動産売却における必要書類すべてを揃えるように、的確に指導があります。国家資格所有者の司法書士への相談と依頼は、ミスの予防に効果的です。

不動産売却を司法書士に相談するときに

記事のイメージ画像

司法書士の選び方司法書士は、原則的に事務手続きを行なえますが、得意分野もあります。不動産の取引実例が豊富な司法書士なら安心です。司法書士の選び方で安心かどうかを基準にするときは、説明方法にあります。不動産手続きの取引事例が豊富であればあるほど、発生しやすい問題点を知っているので、それだけ親身になって指導してもらえます。司法書士への確認事項自分が素人であることを伝えてみて、最初から必要書類を質問しておきます。取引実例の豊富な司法書士は、すでに参考リストとして項目を記してある用紙を作成している場合が多いです。それだけでも安心感が強まります。

司法書士が作成している必要書類のリスト

不動産の登記手続き不動産の登記手続きが完了しているのが所有者です。登記簿が所有者であることを証明する書類になります。これを売却の時に、必要になるのが登記済権利証です。現住所と同じであれば、問題ありません。現住所と異なる場合は、住民票も必要になります。不動産の売却手続き固定資産税の納税通知書を用意しておきましょう。固定資産税の納税通知書は、不動産の所有者本人に対して送付されてくる書類なので、不動産の所有者であることを証明すると共に、正常に所有していることも証明されます。正常に所有しているとは、抵当や負債などによる権利の消滅がなくて、納税の義務を果たしているという意味合いになります。

まとめ

本人が把握できる範囲本人が把握できる範囲にあるのが、登記済権利証です。登記済権利証は、登記識別情報と呼ばれることもあります。不動産の移転登記で必要になります。ポイントは、自分が不動産を所有したときの登記簿手続きの行為そのものを証明するものである点です。すでに登記されているのだと客観的に証明するための必要書類と解釈すると良いでしょう。

比較ページへのリンク画像