不動産売却においてどれくらい手数料がかかるか

不動産売却においてどれくらい手数料がかかるか

不動産売却をするとき、高く売れれば売れるに越したことはありません。ただ、高ければ高いほど高くなる手数料もあります。仲介にかかる費用は、売却金額に応じて決められています。その他にも抵当権抹消費用などがかかります。

仲介をしてもらうときにそれなりにかかる

不動産売却として、業者に仲介をしてもらう方法と、自分で売却相手を見つける方法があります。どちらの方が簡単で、目的の売却額で売りやすいかです。一見自分で行う方が簡単のようですが、よほど知り合いが多くなければ無理でしょう。又、見つかったとしても希望価格で買ってくれるかどうかはわかりません。知り合いだからと負けてほしいといわれることもあるでしょう。業者に仲介をしてもらった方が楽で希望額に近い額になりやすいです。ただし、仲介のための手数料がかかります。この金額は決められていて、売却価格の3パーセントに6万円を足した金額が基本で、さらに基本部分い消費税が加算されます。数十万円近くになることもあります。

売買契約書に貼付する印紙税の額

記事のイメージ画像

何らかの契約をするときには、契約のための書類を作成しなければいけません。法律において、所定の契約書には印紙税を貼らないといけないことになっています。貼っていないと内容が無効になるかといえばそうではありません。ただし、追徴課税などされるので、払わないといけません。不動産売却時の手数料としては、売買契約書に貼る印紙税があります。こちらは定額ではなく、売買契約書の金額を元に計算された金額になります。1万円以上になることが多いので、あらかじめ覚悟しておくと良いでしょう。印紙税はチケットショップなどで買えるので、割引で買えばコストを抑えることができます。

住宅ローンが残っているときは抵当権の抹消

住宅を購入するとき、住宅ローンを利用するなら抵当権をつける必要があります。登記簿に抵当権をつける手続きが必要になり、素人がするのは難しいとされます。司法書士に依頼することが多いです。抵当権はずっとついたままではなく、不要になれば外さないといけません。付いたままだと、無用な権利を行使されてしまう可能性があります。不動産売却でかかる手数料に、抵当権を抹消する為のものがあります。抹消すること自体はそれほどかかりません。千円から2千円程度です。司法書士への支払いが少しかかる場合があります。1万円ぐらいが相場ですが、もう少しかかる場合も出てくるかもしれません。

まとめ

不動産売却は、すべて自分で行えば比較的安い手数料で行えそうです。しかし、現実的ではありません。業者に依頼をすれば、仲介のためのコストが必要で、数十万円はするでしょう。その他、印紙税や抵当権の抹消費用がかかります。

比較ページへのリンク画像