不動産売却に必要な登記とその費用

不動産売却に必要な登記とその費用

不動産売却を考えたとき、売却金額はより高額であることが望まれます。そしてその売却に伴う経費の出費はより低く抑えたいと思うのは当然でありますが、必要な経費の出費は仕方なく、特に登記は不動産売却の取引には欠かせない手続きであります。不動産を売りたいと考えたときどのような手続きと費用が必要かご説明致します。

欠かせない手続きでも売り主には費用負担がない場合

記事のイメージ画像

登記は不動産売却の取引には欠かせない手続きでありますが、そもそも自分自身の所有物を相手に売るときは買う側が自分の不動産であると証明するために手続きをするので、単純に売買が成立した場合であれば、所有権移転に関する経費は買い主負担となります。登録免許税や司法書士の報酬も買い主が支払うこととなり、売り主が支払う登記費用は無いこととなります。売却時の条件によって、手続きに関する経費を売り主負担とする特約などは当事者間の話し合いによって定めることは可能ですので、あくまでも一般的に自分の権利証を作るのは自分で支払うという考え方で良いかと思います。

売り主が負担するべき手続きの種類

全ての登記は不動産売却の取引には欠かせない手続きではなく、その不動産取引に必要な手続きという意味であり、所有権移転を行うためにしなければならない手続きもございます。これもまた全ての手続きが売り主が支払う登記費用は無いわけではなく、相手に所有権を移すために、契約の条件として、担保の末梢が義務であれば、抵当権の抹消や、第三者への賃借権があれば、これも抹消が必要となります。更に売却時には売り主の印鑑証明が必要書類となり、登記に記載された住所と印鑑証明の住所が違う場合は住所変更が必要となります。これら付随する経費は売り主の条件を満たす手続きとなり、負担は売り主側となります。

極力費用負担を低く抑えたいとしても

登記は不動産売却の取引には欠かせない手続きであり、重要な要素を含むので、司法書士に依頼することが望ましいですが、逞しい買い主の場合自身の出費を抑えるために自分で行う場合もございます。しかしながら付随する売り主負担の手続きまでやってくれる買い主は少なく、特に抵当権の抹消にはお金を貸した金融機関などの解除証書等重要な書類も必要となり、なかなか素人の買い主さんに手渡してはくれません。その場合売り主の義務として果たさなければならない手続きであればその費用を負担して進めることもあり、売り主が支払う登記費用は無いなどと考えずにトラブルのない取引のための必要な経費ととらえ、司法書士に依頼することをおすすめします。

まとめ

不動産を売るときには理由も目的もあり、特に現金化を目的とするのであれば当然出費を抑えたいと考えます。しかしながら登記は不動産売却の取引には欠かせない手続き且つ、重要であり、一旦手続きしてしまうと簡単には元に戻すことは出来ず、錯誤として記録がずっと残ってしまいます。欠かせないからこそ必要な出費ととらえ、最初から経費として換算しておき、最後まで気持ちの良いお取引をするよう心がけて下さい。

比較ページへのリンク画像