不動産売却の仲介手数料について

不動産売却の仲介手数料について

不動産売却をする理由は人それぞれですが、売却するからには少しでも手元に入る金額をアップさせたいと考えるのではないでしょうか。その際に気をつけなくてはならないのが仲介手数料です。不動産業者による違いも大きいので気をつけなくてはなりません。

仲介手数料とはいったい何のことか

記事のイメージ画像

不動産業者に依頼することにより不動産の売却を手助けしてもらうことができますが、その代わりに発生するものが仲介手数料です。個人で売却できれば不要なものですが、法律など理解しておかなくてはならないことも多く個人の売却はトラブルに発展するので不動産業者を利用するのは当然のことです。売買契約が成立したときの仲介の報酬となります。仲介の手数料には上限がありますが、上限内ならば問題がなく不動産業者が独自に決めているということを頭に置いておかなくてはなりません。どこに依頼しても同じというわけではないことは確かといえます。

仲介手数料の値引きは可能なのか

大半の不動産業者が不動産売却の仲介の手数料は上限いっぱいの額を請求してくることになるのではないでしょうか。その際に無理だと諦めてしまうべきではありません。不動産業者によっては交渉次第で値引きをしてくれる業者も存在しています。仲介の手数料は不動産業者にとって唯一の収入となるのでそう簡単ではありませんが、多少の値引きには答えてくれるケースもあります。しかし買主を仲介しているのが他の不動産会社の場合には売主からの仲介手数料しか発生しないことになるので値引きは難しいと考えておき、他の業者に依頼してみるようにしましょう。

手数料がかなり安い不動産業者とは

一昔前までは仲介の手数料を法定の上限最大額まで請求することは、不動産業界では慣例化していて当たり前のこととなっていましたが、近年では他の不動産業者との差別化をして顧客を集めたいという理由から、仲介手数料を無料や半額にする業者も珍しくは無くなりました。もちろん不動産業者の利益は減るのでコストのかからないネット上での営業のみにしているケースも多くなっています。しかし中には、他の名目で手数料として請求してくる業者もいるので本当に信頼できる業者を見つけることが重要になってくるということを頭に置いておくようにしましょう。

まとめ

不動産売却をしても、その金額が全て自分の手元に残るわけではなく仲介手数料をはじめとした様々な出費があります。少しでも出費を減らすためにも、複数の業者を比較してから一つの業者に絞り込むようにしましょう。

比較ページへのリンク画像